eye

真似し続ける

eye

今、日本ではもちろんですが、世界中に日本の、禅、が有名になり重宝されてきれいるそうです。 以前も、禅、についてはかなり調べた時期がありましたが、あらためてまた、文献や資料などを確認させてもらいました。 禅問答のように、問答によって、深い悟り…

突破するには

eye

人が変わりやすい時、それは、早く言ってしまえば、せっばつまった時ではないでしょうか。神様は、私達に不幸を与える事はないのですが、そこまでの状況で変えて来られなかった事を自分で自分を変える為におきている、と解釈できます。せっばつまってしまっ…

愉快な一面

eye

人は自分自身と出会い続ける、という、スピリチュアルの真実があります。先日、お昼に職場で昼食時に話をしていた時のこと。周りのある人が、某アニメについて話をしていました。春には毎年映画になり、人気の高い探偵物のアニメ作品です。その映画を借りて…

集中とリラックス

eye

勇氣や元氣がでる言葉、というのはとても素敵なものです。私は、子供の時から本が好きで、素敵な言葉、指針もたくさん学ばせてもらいました。 ある、有名な方の言葉に、力を抜いて手をぬかない、というものがありました。その意味についてふと、思いました。…

自分の軸

eye

社会人として新人の頃、神様の事や、生き方を深く学んでいない頃、周りの人の評価を自分自身の大事にしていた時がありました。 仕事をがんばって成果をだすのは、やりがいもあり、楽しいのですが、その頃は、自分がそれを評価されることを望み、それが自分の…

コントロール

eye

アクションで有名な俳優さんが、アクションのコツを教える、という番組があったらしく、それを目にする機会がありました。 全てを見たわけではありませんが、自分自身の動きをコントロールする、という点では、魅せるアクションと武道は共通するのだと、その…

開運の秘訣

eye

開運の秘訣に、自分を栄えさせたければ、まず、人を栄えさせる、というものがあります。 先日、ちょうど、元旦の日、妹から、連絡がありました。どうやら、大晦日の夜に初詣に行き、そのままま、初日の出を見た、という事でした。 まぎれもなく、元旦の朝、…

考え方を変える

eye

自分自身の考え方が変わると、人生も変わるこれは、私自身におきたことになります。以前、職場の上司に対して、言い方がきつい、とか、態度が気になる、などと、様々考えて接していた時期がありましたが、ある時を境に、その考え方を逆転させました。職場が…

緊張をぬく

eye

ほんの少し前、最近、肩が凝る、ととても感じる時がありましました。仕事の時の緊張した意識の状態がそれを加速させているとも思いました。特に、仕事の後に、肩がこる、痛い、と感じたため、では凝らないような事を取り組んでみようと決意しました。自分自…

壁をこえる

eye

以前、自分自身の願いを叶えるために、壁を超えるためにやった方法は、強く願って、成し遂げる、と覚悟を決めたことでした。これから、大変な事はたくさんあるだろうけど、とにかく、目的を達成するまで、全ての優先順位は、それを成し遂げるためにやること…

強いは優しい

eye

本当に強い人は優しい それを聞いた事がある人はいるのではないでしょうか? 最近は、ある物語の中で、目にしました。 戦いに日常をおく時代に、ある戦人が、ある武人に問います。それは、相手がとても強いのに、人に優しい、と感じたからのようでした。 ど…

とらわれている時に

eye

今を大切にする。これは、昔から一期一会と言われるように、生きる上でとても大切な精神でもあり、格言でもあります。この思いを忘れずに、日々を過ごしていけている時は、その時に必要な最上の事を行うことができます。過去の後悔や未来の不安は、記憶や思…

最強のツール

eye

人生は、自分自身の、望みそのものとして現れています。それを受け入れて認めていくのは、時には、勇気がいる事だったり、意志力が必要だったりします。でも、漠然とした、進まない、という思いや、不安などの思いから解放されるには、どうしてもそこを通る…

凛としたもの

eye

ある昼時のことですが、普段、あまり行かないような所へ行く機会があり、庭園や武家屋敷のような佇まいの家を通りました。門構えや、家の柵は、まるで武家屋敷のようで、江戸の屋敷のような佇まいです。今でも、普通に人が住んでいらっしゃるようで、門や、…

超える瞬間

eye

変わる、という事。何かを変えようとする時、そのために恐怖と向き合う勇気が必要だったり、意志力が必要だったりします。ふと、学生時代のことを思い出しました。受験や試験勉強で、がんばらなければいけない時、自分自身の記憶力をふる活用して、知識を詰…

眼差し

eye

最近、とても眼が綺麗だと思う人に会う機会がありました。テレビや映画ならばともかく、現実に、そのように感じる事はほぼないだろうと思っていたので、少し驚きました。社会的な地位や名声、立場は、表面的には人を強くしますが、心の内面が現れる、眼の光…

コントロール

eye

体が緊張なく自由に動けるほどに、心の自由度も増していく。これは稽古をしながら、常に意識していることではありますが、自分の精神状態も、稽古でゆるゆるに緩んでいる時と、日常、緊張しながら仕事している時、状況はもちろんですが、心安定性や意識は、…

支え

eye

ここ最近、幕末の志士や、新撰組、武士の生き様についてのものに目を通す機会があり、生き様について思いを馳せる事が多々ありました。最高の幸せといえるのは、神様とどれだけ心を重ねて生きていられたのか。そこに尽きるのだと思います。時には迷ったり、…

制限

eye

生命、命とは、神様からのおくりもの。そんな風に、ふと、感じました。現在、科学の進歩はめざましく、ほんのちょっと前までは考えられなかったような物が多数溢れ、パソコンも、携帯電話も、一人ずつ自分の物を持っているのが当たり前の世の中です。ところ…

貫く思い

eye

幕末から明治時代にかけて、激動の動乱の時代、とよく言われています。その時代、体と心を鍛錬して磨いた武士達が、時代の先端に立ち新時代を作ってきました。幕末の動乱の時代は、時代劇や映画、テレビやアニメでよく舞台となり、偉人達は、そのモデルとな…

天地に感謝

eye

高い山の山頂から街を見下ろす時、例えば、飛行機に乗って眼下の景色を見る時、日常からかけ離れた、雄大な景色を見る機会となります。夕方から夜にかけて、夜の帳が降りてくる頃、オレンジに染まった空の上に、深い紺色のソラがグラデーションのように、360…

最高のツール

eye

先日、いつもこの人は気がつよいな、言い方がきになるな、と思っていた人の話を何気なく聞いていた時のことです。その人が同僚に自分が発言する理由を話ししているところに、居合わせました。話しの会話の流れでは、その人なりの考えや思い込みがあるようで…

思いこみ

eye

上からの目線でものを言うという人に遭遇しました。その人の主張を聞くと、当然、自分自身の観点からの意見で、これが正しいと決めつけている事が多くあるのでは、と気づきました。自分自身だけが正しい、という思い込みは、あらゆる争い事になる可能性もあ…

楽しむ

eye

私自身は、音楽が好きなのでジャンルを問わず、よく色々な種類のものを聴きますが、ふと、Jazのテナーサックスやドラムをまた聴いてみたくなり、動画を探して久しぶりに聴いてみました。日本のJaz界、また、今では世界の巨匠ともいえる人達の演奏は、子供の…

響き宿すもの

eye

私は、音楽が好きなので、よく色々なジャンルの曲を聴きます。Jpop、洋楽、JAZZ、日本の古典の曲、など。その中でも、聴いた事はあるけれど、普段あまり意識して聴いていなかった、ソウルやゴスペルの曲がありました。ここ最近で感動したのは、ディズニーの…

感謝と祝福

eye

夏になると、毎年、どこかで子供向けなのでしょうが、恐竜に関するイベントが行われています。この地球に、恐竜という巨大な生物がいたということを考えると、本当にすごいことだ、と思います。大いなる存在があらゆるものを創造し、人もまた生まれることを…

わくわくの力

eye

わくわくする事、自分自身が心から楽しいと思えるもを人に伝えると、不思議と聞いた相手も興味や関心を持ってもらえる事が多くおきます。逆にいうと、知識をつけて、これはこんなにすごい、と、すすめたり言ってみても、その人がそれについて本当に心からす…

記憶

eye

人の記憶とは、とても深く人生に影響があります。いつも思い出すのが成功、成長した記憶でおれば問題ありませんが、よくない記憶が何度もフラッシュバックする時、人生にもよくない影響を受けてしまいます。私自身も、一度何かよくない事がおきるとそれを思…

感謝と祝福

eye

仕事柄、かなり年配の方々と接する機会がよくありますが、年配になっても元気な方について、ふと、考えてみました。最もなるほど、と思ったのは、年配になってもお元気な方は、感謝の言葉がとても多く、今の世の中ありがたい、とよくおっしゃっているのを耳…

貫く

eye

個人的に興味がある事なのですが、武道、格闘技などに関わる選手や、スポーツなどの競技を究めていく人などに、強さとは何なのか、と、その答えを求めている様子をよく見かけます。生涯をかけるようなテーマとも言えるかもしれませんが、映画やアニメなどの…