eye

流れに乗る

eye

集中して物事に取り組んだ後、ふとした瞬間にインスピレーションのようなものを受け取ることがあります。 深くコミットして祈ると、それに関する答えのような出来事が日常でおきたり、自分自身に突然インスピレーションがわき、ハッと気づくことがあります。…

神聖さ

eye

自分の心に、神聖な部分、神聖な場所を持つことはとても大切です。 それは、人生という波にもまれてもぶれない軸になります。 eye

最初に

eye

あらゆる物事を行う前に、まず、最初にそれを行うという意識の変化があります。行う、やる、決める時、意識が動いた時から全ては始まります。 仕事などで私も経験したことですが、最初に働く時に、安定した収入が欲しいと思って就職して、途中から、もっと稼…

心と体を開く

eye

心と体を開くことは、あらゆる開運の近道です。 心と体は連動していますが、まずは、体に緊張や痛みがあるなら、それをゆるめたり、リラックスしたり、痛みを取り除いて快適な状態になるようにしていきます。 体が快適になったら、不思議と心も連動していて…

自分自身のよいところ

eye

自分では普通に当たり前だと思って行っていることの中に、意外にも人からみると、それはよい、すごいところ、と思われることもあります。それは、自分自身が人にギフトをできる、人に喜んでもらえるポイントです。 与えることができる、その分野では、ひっか…

徳になる

eye

目の前にいる相手、それがお客さまやクライアントさんだったらら通常の倍以上の徳になるように働きかけます。 この程度のお金をいただいたから、これくらい、と相手に制限をしてしまうと、それ以上のよきこと、豊かさが自分のもとへとかえってきません。 相…

運のよさ

eye

春は、芽吹きと新たしい出会いの季節でもあります。桜が満開を迎えて、花弁が散りゆくさまは、圧巻で、人との出会いと別れに花をそえてくれるようでもある、と思います。人は、ほぼ、自分と同じ波長の相手にしか出会いません。それは、相手が良い人と感じる…

今という瞬間

eye

桜の季節。春爛漫の季節。 桜の開花は、日本中で毎年ニュースになるほどにたくさんの人に愛されています。 桜の美しさと、儚さは、潔いな、と見るたびに感じます。そして、同時に、一瞬のその状態は貴重な時である、という事も思いださせてくれます。 今とい…

肩の力をぬいて

eye

リラックスを目的とした時、よく、肩の力を抜いて、と表現されることがあります。 私自身も、何かをやろうとしたとたんに、それまでは力んでいなかったのに、肩にグッと力を入れてから何かを行っていた事も多々ありました。 ところが、肩に力を入れて、自分…

突破する

eye

自分自身の限界は、たいがい、自分の思い込みでつくっています。 自分のできる範囲で、無理しない程度で。 確かに、体や心の健康を損なうほど、がむしゃらに無理をすることはありませんが、何かを越えるためには、その自分の限界を突破しなければ、ブレーク…

心と体を整える

eye

目標をたてたら、まずは意志力を発揮して、そうなるために努力をする、という覚悟を持つことが大切です。そして、同じくらい大切なのは、体を整えること。集中力を発揮して、よいパフォーマンスをするためには、体が不調だったり、どこが痛かったりしていて…

今の自分

eye

自分自身を変化させたい時、目標を叶えたい時、そこと自分自身に差がある時、シンプルに、今の自分の状態を知ることは大切です。 それは、自分自身に対しての期待ではなく、自分ができる事とできない事を明確に、知る、ということでもあります。それがわかっ…

共同で創りだすもの

eye

最近、スープの具材を考えて、味を変えていた時に、ふと、人生もまた、お互い、違う種類のものが歩み寄り、機会をを持つととても素晴らしい力を発揮する、と思いました。 スープの具材としては、具材の種類を変えたり、だしを変えたりすると、同じスープでも…

範疇に入れる

eye

自分の人生は、自分自身の責任で全てが起きています。どれだけそれを受け入れて、自分の範疇に入れているかで、あらゆるものは変わってきます。 社会的な常識や、職場の決まり、上司の意見、など、人との交流をしていくと、それは自分の責任じゃない、と思わ…

おかげさまで

eye

「おかげさまで」という心、これは日本人として生きていくうえでよく使われている言葉でもありますが、とても奥深い言葉でもあります。 今あるものに、今できていることに、今、生きて体験できていることに、感謝する言葉でもあり、見えない存在、見えない繋…

スピードを上げる

eye

学生時代、縁があって、医療機関で、アシスタントの仕事をしていた時期がありました。 全てが新しく、知識という知識もほぼない状態からのスタートでした。まずは、使う物の名前、用途、場所、準備、片付けのやり方から覚え始めました。 しばらくして、物の…

ギフトする

eye

ある時、職場で、私自身は当たり前のようにやっていたことが、ある人に参考になった、と言われたことがありました。自分自身では当たり前に行っている事が、相手にとっては役立つことなのだと思うと感慨深いです。その時は、自分自身の努力感がないので、嬉…

イメージ通りに動かす

eye

最近、仕事で行う技術的なことで、ふと、ひらめいた事があり、それを実践してみたら、今までよりも短い時間でうまく結果をだすことができました。日常の、イメージしたことの成功体験です。 物事にとりかかる時に、成功するイメージを持ってから行うのと、た…

意識と体

eye

私達は、全員、魂を宿してその肉体とともに生きています。人は、神聖さを世に現すために、天地を繋ぐ存在として生まれてくるのだと、道を知った時に教えていただきました。それを現すためには、私達のこの肉体も磨いて、練っていき、意志の力、腹の力を鍛え…

真摯に向き合う

eye

ものごとに真摯に向き合って、継続していくということは、努力も必要ですが、とてもたくさんのことを学び、人としても大きく成長していくことができます。 ただ、継続することはもちろんとても大切ですが、そこに、どれだけ真摯に向き合ってきたのかで結果は…

あけましておめでとうございます

eye

新年、あけましておめでとうございます。 2022年、新しい年がはじまりました。 新年、新しい年には、気持ちも心も新たに目標を立て、行動の目安にするのにとても適している時です。 今、行っている行動、言葉、思考、それらは今後の活動の種となり、自分の人…

理解する、繋がる

eye

音楽に関するお話で、クラッシックなどの音楽を学ぶのに大切なことは何か。それについて、ある有名な方が話をしているのを聞きました。若い人達の中には、テクニックの技術を高めることに重きを置いている人がいるが、例えば、有名な音楽家でもあるベートー…

前進する

eye

武道の稽古で、体を思い通りに動かす、動きを洗練する、それらの練習に取り組んでいます。 洗練された動きは、武道ではそれが技になり、極まれば、達人となっていきます。芸事でいえば、能や歌舞伎の伝統芸能で、有名な演者となっていき、芸術の世界だと、素…

素直になる

eye

自分自身の創りだすものに責任があり、自分の一部であると感じることができると、その感じることができた分、人生の見方は変わっていきます。 日々、日常を過ごしていると、様々なことがおこり、何かがおきたから、誰かが何かを言ったから、自分は思うように…

遭遇する出来事

eye

ある時、電車に乗った時、電子マネーのカードの落とし物が床に落ちているのが目に入りました。電車を降りようとしていた乗客に、それを見ていたらしい複数の人が反応して、その人に落とし物を届けていました。 ドアが閉まりそうな時、その乗客は無事に落とし…

提供するもの

eye

先日、携帯電話の操作の方法でわからないことがありその定員さんに質問する、という機会がありました。 ショップによってはその場で何かを説明せず、電話で既定のところで聞いてください、と言われることもありますが、今回は、運良くとてもサバサバしていて…

受け入れる

eye

ある俳優さんの達の即興劇、というものを目にしました。その即興劇ではどんなお題のものがきても、全てを受け入れるということを常にしているそうです。お題が、笑い、怒り、悲しみ、などのこともあれば、場所とキーワードを指定して、数分間の寸劇を即興で…

可能性を広げる

eye

ここ最近、自分以外の誰かと一緒に仕事をして成果をだす、ということを求められる機会が多くあり、また、それを意識するようになってきました。私の職場では、仕事の役割分担がはっきりとしていて、以前の自分だと、普段はマイペースに進んで、必要な時に人…

大地の恵み

eye

野菜や果物などを、大地の恵み、とも言うことがありますが、先日、私自身もそれを実感したことがありました。仕事が終わり、移動して家に帰ると、今日もがんばった、と思うと同時に、くたびれた、と感じることもあります。その日もちょうどそんな日でした。…

遊び心

eye

人生を歩むにあたって遊び心、というのは、人生を彩り楽しいものにするとても大切要素です。 私自身は、真摯に真面目に物事に取り組むというのは、わりといつも行っていることなのですが、楽しく行っていることがあるかというと少し疑問でもありました。 最…