動かす力

武道の稽古など、体を動かすことに意識を向けていると、緊張とリラックスの大切さにあらためて気づくことが多くあります。

 
まだ体に対してあまり深く考えていない頃は、リラックス、というと、ただ脱力していればよいと思っていました。ところが、ただ脱力するだけでは気がぬけているだけで、うまく体を動かす事ができなくなってしまいます。
 
余分な力を抜きながら、動きのパフォーマンスもあげられる、これが本当のリラックスです。
 
これを教えてもらってから、それは簡単なことではないと気づき、体の使い方への探求がはじまりました。
 
 
よいパフォーマンスを行うためには、力を脱力しきっていてはできず、また、緊張していても、余分な力が我力となってしまい、それは、相手とぶつかったり、自分自身を疲れさせたりする要因となってしまいます。
 
それは、例えばコミュニケーションにおいても同じで、自分に緊張があると、思い通りに話したり行動することは難しく、相手にも緊張感は伝わってしまいます。ガチガチに緊張して何かを話したり、伝えようとしてもうまく伝えることはできません。
 
 
適度な緊張感と、余分なもののないニュートラルな力は、自由自在に自分も周りも動かすことのできる力になります。
 
それができた分だけ、自分自身も人生も動かす力となっていきます。
 
 
          eye
 
 
 
 

 

道しるべ

心と体に基準となる芯を通す、ということはとても大切です。

体の動きに基準となるものを持つと、健康はもちろんのこと、動き自体が洗練されたものになっていきます。

心に基準となるものを持つと、日常の考え方、生き方が変わってきます。
体の基準は、動かしたいところが、秩序よく動かせるのか、全身が連動できているのか、でも知ることができます。
 
それが本当にうまく動かせて、自分自身でコントロールできるようになると、日常で体が疲れづらくなったり、運動に関するパフォーマンスが格段に上がり、洗練された素晴らしい動きもできるようになります。
 
 
それは、体をコントロールすることで、自分自身を、目の前にある現実をコントロールすることでもあります。例えば、今まで、当たり前にしていた日常の動きや癖が、実は身体を疲れさせる動き方だった、ということもあります。
 
思い通りに体が動かせると思っていても、ボールを投げる、早く走る、などのパフォーマンスがよくなかったり、上手い人の真似をしようとして、完全に同じ動きが難しかったり。追求していくと、できそうで、できない事にも気づきます。
 
そして、自分自身の体の硬いところ、動きが悪いところにも、気づいてフォーカスしていていきます。気づいたら、それを踏まえて変化させていきます。
 
 
心の秩序は、自分自身の感情のコントロールがうまくできるかにもよります。
そして、自分自身も周りも全てがよくなる、という祈りと祝福、感謝の思いは、日常の心の持ち方に指標を与えてくれます。
 
 
追求して変化していく、ということに、ここまででよい、と区切りはありませんが、それらは積み上げていく楽しみがあり、成長と成功の道しるべでもあります。
 
そして、自分自身で積み上げてきたものは、目に見えない本当の自信となり宝となります。それは、自分自身も周りの人も助けることのできる最高のツールになります。
 
 
              eye





アドバイス

肌が弱いと様々なお肌アドバイスをいただきます。

とってもありがたいのですが、
試してみて顔がパンパンに腫れてしまった、
頭皮までカサカサになってしまった
なんてことも過去にありました。

アドバイスって
とても慎重に的確にするからこそのもの。
生半可な知識や乏しい経験でしてはいかんなと身をもって思いました。

相手を思ってしたアドバイス
相手がどうなるかをみていくことが必要で。

それによって自分が本当に相手の成長を思っていたのか、そうでないのかがわかります。

こんな話をすると

アドバイスするのが怖い。
責任とれないし…

という選択や、

本当に相手の成長を思って行動できるよう自分を変えていこう

という選択、

あとは、
相手がアドバイスを受け取る氣がなかっただけと開き直るとか

考えるのをやめて何も変えない


などにわかれていくでしょうか。


もし、本当に相手の成長を思って行動できるよう自分を変えていくこと

を選ぶなら、自分を的確に変えていくことを学ぶ機会、体験する機会に身をおくことをオススメします。

イメージ力アップ↑↑↑

着物に関するお仕事をしています。

着付けを学び始めた方が、まず難しいと感じるのが、帯結びではないでしょうか。


エプロンなどの紐を体の後ろでちょうちょ結びするだけでも、
慣れないと、一苦労。

それが、もっと複雑な帯結びとなると、
あれ?上?下?
あー手がつりそう。。。

と、頭も体も大混乱。


実は、体って
自分のもののようで、実は、イメージしたとおりに動かすことは結構大変なものです。


しかも、自分には見えない、自由の利かない背面で
いったいどういうことになっているのか
分からず途方に暮れてしまいます。


***


そんな帯結びをマスターするために
習い始めたころ、私がまず行ったことは、

完成系をしっかりと頭に入れること

でした。


何をどうしたいのか、
平らな帯がどう結ばれてどういう構造で、
どういう形を創り出していくのか、
それをしっかりとイメージできるようにすることです。


次に必要なのは、
手の感覚。

目に頼るのではなく、
手の感覚で、今どういう状態になっているのかを感じ取れるようにしていきます。


後ろ手で触ってみて、
あーそうか今こういう状態なのか、
と分かれば、

初めにイメージしたものと、
合っているのか違うのか、
違うならどこが違うのか、
が分かります。

分かれば、イメージに近づけていくことができるのです。


***


この方法は、、
他のことにも役立つことが多くあります。


自分がこれから行おうとすることを、

まず、
どうしたいのか、
どうなりたいのか、
完成形のイメージをしっかり持っていると、
迷わず楽に進むことができます。

もし、うまくいかなくても、
どこかどう違うのか、間違いに氣付きやすく
必要なもの、足りないものがわかりやすくなるのです。


ですから、そのイメージは、
できるだけ、細かく、ありありとしたものである程、
完成度が高くなります。


そして、
そのイメージも、
もっと繊細に、高度に、書き変えていくことで、
できあがるものも、さらに上を目指すこともできます。


***


今は、とくに考えなくても結べるようになってしまった帯ですが、

着るたびに、
もっと美しく、
イメージをどんどん書き変えていくことで、
もっともっと上を目指すことができそうです(*^^*)


せっかく涼しくなってきたことですし、
イメージを新たに、
さらなる上を目指して、腕を磨いていってみたいと思います。

 

きんとうん

 

ちょっとした壁を超えたお話し。

ここしばらく取り組んでいたことがあります。

 

途中まではそれなりに順調に進んでいましたが、

ある時期から全く進まなくなりました。

 

あれこれ思い付くことをしてみましたが一向に変化はなし。

 

これはもう小手先の現実的な対処ではダメなんだろうなぁと、

解決のための策を一変することにしました。

 

100%原因は自分にあります。

 

自分にブレーキをかけているのは誰か?

どんな自分なのか??

 

そして夢の中で手放したくないと握りしめている恐怖を一つ見つけました。

 

それはある種の喪失に対する恐れです。

 

夢の中でそれを手放すことにしました。

 

握りしめたものを解放するのはとても勇氣がいることでしたが、

横にはもう一人の私が居り、一緒に見守っていてくれました。

 

無事に手放したら、握りしめていた私はいなくなっていました。

 

そんな夢をみた翌日、

一向に変化がなく行き詰っていたことが遂に動き出しました。

しかもいとも簡単に!

 

あんなにあれこれやっても変化しなかったのに・・・

 

必要なことは握りしめていた恐れを一つ手放す。

 

たったそれだけだったのです。

 

 

みかん

 

 

解らない事は教えていただく

解らないことがあった時、

自分で、

なんだかんだと色々調べて、いろいろ試して、

ある程度のところまでは、いくのですが、

その先に、なかなか進まず一日以上 費やしてしまいました。

 

いよいよ手におえなくなり解ってる人に聞いてみることにしました。

 

するとわざわざ、

ネットのzoomを繋いでくれて解説してくれました。

その時間、1時間!

 

もちろん自分で調べたり、やってみたりして

何が解らないのか、その先が見えなくなってきたな、

 

そこまでやって解っている人に教えていただくと

すんなりと「そこだったんだねー」となりました。

 

自分でも、もちろんやるだけのことはやってみて

それで、教えていただく

 

すると話しを聞いて解ろうとするよりも理解が深まりました。

再生

人は何かを選択する時

楽な方を選びがちですが

 

私は自分の人生の中で

楽な方を選んで

その後の人生が良くなったと感じたことは

ほとんどありません!!

 

それどころか

大変な方を選んだ時の方が

後から自信を得られたり

幸せなことが起こりました!

 

大変と思ったことに

取り組んでいる時の自分は

何度も壁にぶつかりながら

不安や恐怖と向き合いながらも

何とかして成功したい

役に立ちたいと

必死になっていました!!

 

そして皆の笑顔を見た時に

やって良かった!

魂からそう思い幸せでいっぱいに

なりました!

 

 

最近の私は

そんな情熱を忘れていました!!

 

 

まだ人生半分

今からでも遅くない!

成功するまで

何度でもチャレンジしていこう(^-^)/